読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知と無能の間に

無知無能者、固人之所不免也

KeiKawakita氏とJiburi.comの協力隊ブログは読む価値がないと断言できる「たった一つの理由」:その4、西宮市長のボランティア感

あ、はい。タイトルは釣りです。これまでと、宮﨑大輔氏(jiburi.com)、Kei Kawakita氏のブログを頻出名詞で分析し、「自分語り」ブログだったいうのを明らかにしました。さて、このような「自分語り」や「自分アピール」のためにボランティア活動に群れる現…

杜撰は続くよどこまでも

さてさて、UPQのスマートフォン「Phone A01X」が発火事故を起こしたとして、ニュースリリースを出した。報道によると、消費者庁への報告が遅れて厳重注意をうけたという。 重要なお知らせもパクリ さて、以下の2つのニュースリリースを見比べてみよう。 「UP…

KeiKawakita氏とJiburi.comの協力隊ブログは読む価値がないと断言できる「たった一つの理由」:その3、本当に読みたい!たった一つのブログ記事とは

毎度毎度ですが、タイトルは釣りです。物事を1つの理由で片付けることなどできません。そのようなタイトルを付けているブログは何かごまかしがあるので、注意深く読みましょう。「読まない」という選択もアリです。 さて、前回、前々回と、宮﨑大輔氏(jiburi…

KeiKawakita氏とJiburi.comの協力隊ブログは読む価値がないと断言できる「たった一つの理由」:その2、Kei Kawakita氏のブログ記事を解析してみる

賢明なる諸兄はお気づきでしょうが、タイトルは釣りです。宮﨑大輔氏(Jiburi.com)、Kei Kawakita氏のエントリータイトルをパクってみました。すいません。(前回の解析記事と同じなので中略)。両名のブログの中身の無い記事を読んで主観的評価を下したところ…

KeiKawakita氏とJiburi.comの協力隊ブログは読む価値がないと断言できる「たった一つの理由」:その1、宮﨑大輔氏(jiburi.com)のブログ記事を解析してみる

賢明なる諸兄はお気づきでしょうが、タイトルは釣りです。宮﨑大輔氏(jiburi.com)、Kei Kawakita氏のエントリータイトルをパクってみました。すいません。ただ彼らブロガー連中が「キャッチーなタイトルつけるべし」などのハウツーを実践しているため、「不…

キャズムに落ちて

さて、ものづくり女性起業家なる者が建前の上で経営しているという「UPQ」が設計したという液晶モニタが仕様を満たしていなかったと発表した。知る人は知っているが、UPQが出している製品は事実上CEREVOという会社が回しており、UPQとCEREVOに資金を提供して…

2人はチキンレーサー

朝鮮半島が緊迫してきているので、整理しておく。 これまでの経過 4/7 - 米中首脳会談前日に当たるこの日に、北朝鮮がミサイル発射 4/9 - 米海軍はフィリピン付近で訓練中の空母カールビンソンを朝鮮半島近海に派遣すると発表 4/11 - 日本の海上自衛隊が米艦…

思いつきでやってみよう

If Obama attacks Syria and innocent civilians are hurt and killed, he and the U.S. will look very bad!— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2013年8月30日 こんなことを選挙のときに言っていた、トランプがいきなりシリアに報復の空爆を行った。あれ…

強い人間を飲み込む弱い人間の沼

※ネタバレがある。 話題となっていた映画「沈黙 -サイレンス-」を観た。話題となっていたとは書いてみたものの、集客に苦労していたのかはたまた見に行こうと腰を上げたのが遅かったのか、どこの上映館も平日は日中に1回のみの上映で、夜の上映がある映画館…

青年海外協力隊を踏み台にしてイケダハヤト2.0を狙う自称ブロガーたち〜「jiburi.com」と「keikawakita.com」

青年海外協力隊の隊員については、正直ウンザリしているので、もうブログでは取り上げないつもりでいた。ただ協力隊については、アクセスもあるし、コメントも付くのですがね(それも触れてはいけない種類の人間ばかり)。それにつけても、協力隊の隊員とい…

1、2、3で1か8か

※予め書いておくと、ここに書かれた内容は「あくまで個人の憶測」です。 テレビ東京は、特定の企業・団体に対してこれはまた特定のポジションをとった番組作成をする存在である。であるので、この局のドキュメンタリー仕立てで特定の企業を取り上げたものは…

希望的観測をゴミ箱へ

さて、トランプ政権ができて1ヶ月も経過していないのに、驚くべきことが日々行われていて、びっくりする。 ここまでで分かったこと 以下の希望的観測は捨てたほうがいいということがわかった。 大統領の座につけば、少しは落ち着いて政権運営に取り組む 差別…

漆黒と灯火

やまもといちろう氏に関して調べていたら、氏が高額会費徴収の信者ビジネスをやっていることが分かった。「漆黒と灯火」という詩的な名前が冠せられており、会費32,400円/1ヶ月(消費税込み)で、会員10人限定なのだそうだ(2017年度)。10人集まって、1年運…

やまもといちろうとは何者なのか?

やまもといちろうの謎の能年玲奈問題への介入 さて町山智浩氏が「MXテレビに圧力があり能年玲奈が出演キャンセルとなった」ということに関して、切り込み隊長を自称するやまもといちろう氏が突然町山氏に発言を取り消せといってきたのが去年の暮れ。詳しくは…

ポスト・トゥルース

さて2016年は、トランプ大統領誕生、イギリスのEU離脱と思わぬ年となった。さて、イギリスのオックスフォード辞書が選んだ2016年を表す世界の言葉に「Post Truth」が選ばれた。 Post Truth Post Truthとは、オックスフォード辞書によると以下の意味となる。 …

キュレーションサイト騒動の照らす道筋、その2〜シリアルアントレプレナーという連中

年末ジャンボ宝くじの売り場に行列ができる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 宝くじ売り場にたむろしている連中を横目で見ながら「社会の底辺は本当に馬鹿だな。確率でいえば、毎日宝くじを買って一等が当たるより、毎日飛行機に乗って飛行機が墜落…

キュレーションサイト騒動の照らす道筋、その1〜語られなかったパクリツール問題

感想:本当に賢い奴というものはいるものだ。 これまでの流れ もともともは医療系のキュレーションサイトに似非科学にもなっていない情報(肩こりの原因は悪霊みたいなもの)の指摘からはじまったものだが、いままで燻っていたキュレーションサイトが外部情…

2016年アメリカ大統領選挙まとめ、その4〜ネット民主主義の行き着く先はポピュリズムなのか?

結局、2017年以後、トランプ大統領が誕生した後に何が起きるのか? トランプの一番の問題点は何か? 町山智浩氏が指摘していることだが、トランプという人物は共和党の大統領選に出たことのあるパット・ブキャナンが人種差別発言をしたときに「そんな発言す…

2016年アメリカ大統領選挙総括、その3〜Trumpに投票した白人層とは?

オバマ大統領はこのラストベルトと呼ばれる地域での獲得票数を積むことで激戦週とよばれるこの地域を制して、大統領の座についた。ところが、民主党支持層である労働組合がもともと強いこの地域で、軒並みクリントン氏は得票数を落とした。結果、トランプ氏…

2016年アメリカ大統領選挙まとめ、その2〜ビッグデータとはなんだったのか?

ネイト・シルバーという統計学者がいる。メジャーリーグベースボールで各チームの選手が将来どのような成績を残すかというシステムを作って名を売り、2008年の大統領選挙で50州のうち49州での選挙結果を当てたという人物だ。2012年の大統領選挙では50州とコ…

2016年アメリカ大統領選挙まとめ、その1〜女の敵は女だったのか?

大方の予想が外れ、ドナルド・トランプがアメリカ大統領選挙に勝利した。みな、「まさか」と思いつつ、「もしかしたら」ということが現実となった。私も、「なんだかんだいいながら、ヒラリー・クリントンになるのだろう」と思っていた。開票開始直後は、共…

東京国際映画祭チケット販売システム問題備忘録

2016年10月末に開催された「東京国際映画祭」のインターネットによるチケット販売が酷すぎる状況であった。システム開発での失敗事例と、翌年以降のチケット購入のために記録として書く。 時系列 時系列として、2016年10月15日の正午より映画祭のチケット販…

廃棄人間処理業者の黄昏

東海地方のローカル局である東海テレビが、9月28日の放送の『みんなのニュース One』で戸塚ヨットスクールでの合宿内容を放映した。この合宿はなんと「3~10歳」を対象としたもので、4歳児と5歳児に体罰を加える場面も放映している。Youtubeにアップロードさ…

最終局面

10月7日に、ワシントン・ポスト紙が2005年のNBCの番組収録前の会話を録音した内容のを暴露した。 日本のマスコミの報じるところでは、「女性蔑視の暴言」「スターなら、彼女たちは何でもやらせてくれる」という報じ方だ。ただこれだと「いつものことじゃない…

ポケモンGOが開けた扉

先日、東京都内の某公園を夜9:00ごろ通ったが、夜に都心とは思えないほど暗い公園の中でスマートフォンに見入りながら、右往左往する群衆を見た。そう、ポケモンGoに興じる一群だ。という私も、用事の帰り道に立ち寄ったとはいえ、ポケモンGoをやりながら彷…

シンプルな理由のシンプルではない背景

読んだ。 コンビニがコーヒーで成功して、ドーナツで失敗したシンプルな理由 - 現代ビジネス 加谷 珪一著 「シンプルな理由」みたいな今どきの耳目をひこうとするタイトル(「キャッチー」とかいうのか?)の記事は、注意深く読まないといけない。「コーヒー…

レスラー・トランプ

ドナルド・トランプが正式に共和党の大統領候補に指名された。泡沫候補と目され、共和党内から激しいバッシングを受けながらも、ここまでやってきてしまった・・・というところか。 さて、日本のマスコミのトランプ評は、総じて「実業家」「ホテル王」「毒舌…

お役所ファンタジー

前回のエントリーの通り、シンゴジラを見た。その社会性ゆえに、映画以外のジャンルの批評がよく目に着く。 そのなかで、辻田 真佐憲氏が寄せた、『シン・ゴジラ』に覚えた“違和感”の正体〜繰り返し発露する日本人の「儚い願望」と題されたコラムがあった。…

シンゴジラが描かなかったもの

シンゴジラを見てきた。以下、ネタバレを含む。 描かれていたもの 2011年3月11日から始まった、あの一連の出来事を暗喩していた。 なんの前触れもなく陥没するアクアライン(巨大地震の発生) ゴジラの上陸による海水の逆流で押し流される家屋(津波) 沈黙と…

Magic Leapの目論見

Oculus Liftが製品版を発表し、SonyはPSVRを、台湾のHTCがViveをそれぞれ出荷を始める。今年こそは、今度こそは、VRの立ち上げ元年になるのか、それともやはり3DTVと同じ道をたどるのか。後者の方になりそうな気もするが、問題はコンテンツがでそろうかどう…

トランプ氏の経済政策

トランプ氏の予備選挙勝利のニュースを聞いて、「まさか」と受け止めつつも、「もしかして」が頭をよぎる今日このごろ、皆さんどうお過ごしでしょうか。 トランプ氏の発言は移民帰れやメキシコに壁を作ろうなどの発言ばかりで、いったいどういう経済政策を取…

基地外の和解

※タイトルに悪意はありません。あしからず。 沖縄県の普天間基地移設問題で辺野古での埋め立てについて、政府が和解に応じて、沖縄県との交渉テーブルにつくことになった。 この合意について、沖縄の基地問題が参議院選挙の争点にならないように、一時的に議…

ババを引くのは誰だ

日本時間で3月16日に、2016年アメリカ大統領選挙予備選挙の「ミニ・スーパー・チューズデー」の結果がでた。 共和党は、トランプ氏がフロリダ州を取って、地元だったルビオ氏が撤退を表明した。また一歩指名獲得に近づいた。民主党の方は、サンダース氏が後…

事実上の金ちゃんのドンとやってみよう

北朝鮮がロケットを打ち上げ、人工衛星が極軌道を回っている。それについて、日本のマスコミでは「人工衛星と称する事実上の長距離弾道ミサイル」という表現をつかっている。これぞ日本語による政治表現の極みという言葉だ。 「特命係長という名の事実上の窓…

金庫を買う人々

日銀がマイナス金利を導入して、金庫が売れているというニュースが流れた。ニュースによると、「マイナス金利の影響」で今後預貯金に手数料が取られる可能性があるからだとしていた。 口さがないネット民の間には「一般預貯金でマイナス金利になることはあり…

ありがとう出来レース

消費税の軽減税率の議論が合意に達したら、しれっと新聞が消費税の軽減税率の対象という報道が唐突にでてきた。さんざん、軽減税率の食料品の議論が紛糾していたにもかかわらず、あっさりと、ほとんど議論もされず、決定事項として伝えられた。安倍首相が定…

ポータブックが紡ぐ物語

キングジムが販売する「ポメラ」という商品がある。見た目は電子辞書のような形だが、キーボードを折りたたむことで、打キー時のやりやすさを保持できるサイズのキーボードを有する文字入力専用機だ。乾電池で動き、立ち上げ時間を考慮することなくテキスト…

日韓合意の行きつく先

年末、突然とも思える日韓の外相会談で、いわゆる従軍慰安婦問題の妥結交渉が報じられている。ネット言論を自認する方々が発狂し、その他の識者がほとんどスルーする中で、以下のような言説を見つけた。 慰安婦新財団、朝日と福島みずほ氏が自発的出資を と…

社労士炎上ブログのビジネスモデル

中小企業に助言を行う立場の社会保険労務士が、会社からの相談に答える形で「社員をうつ病に罹患させて退職する方法」というブログを2015年11月24日に公開し、すぐさま炎上する騒ぎとなった。 現在、ブログは閉鎖されているため、読むことはできない。が、そ…

共和党はもう大統領選挙に勝てないかもしれないという話

アメリカ大統領選挙の予備選で、ドナルド・トランプ氏が注目を浴びている。前回の選挙があまり話題にならなかったなと思っていたら、「メキシコ移民を強制送還」とかいう人物にわざと脚光を浴びせることで、選挙を盛り上げようとしているのかと邪推をしたく…

出版不況の活路は右旋回なのか

COURRIER JAPONの2016年1月号、成毛真の連載コラム「国連は大丈夫か」が掲載されいた。内容は、国連を巡るいざこざについて中韓を茶化した内容だ。そして注目はユネスコが世界記憶遺産に南京事件に関する文書を入れたことに触れ、ユネスコ自ら存在意義を否定…

堀江貴文と寿司職人と

堀江貴文氏はが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言して、物議を醸している。寿司職人として一人前になるためには「飯炊き3年、握り8年」という話についても、「そんな事覚えんのに何年もかかる奴が馬鹿って事だよボケ」とも。なるほど。いつものこ…

ふうせんに飛ばされる

テレビに出ようという人間は注意深く観察する必要がある。特に「情熱大陸」のようなドキュメンタリータッチで人を持ち上げようとするような種の番組に出る輩は。 もちろん、自分自身の知名度を上げることは悪ではなし、それだけを持って批判するというわけに…

ものづくり女性起業家なる存在

UPQとう会社を知る。ワールドビジネスサテライトに登場していたのだ。番組の中で紹介された若手女性起業家のアイデアメモからは、STAP臭、小保方晴子臭がした。 若手女性起業家の経歴によると携帯電話の開発を仕事にしていたという。しかし怪しい。カシオ勤…

セルフブランディングの行き着いた先(2)

安藤美冬女史の記事がでていた。 フリーランサーの代表格 安藤美冬の過去と今、これから 旅で文章を書いて、それをビジネスにしているのだそうだ。なるほどね。協力隊のブログを散々読んだ身から見ると、「旅に普段見聞きすることのないことを文章にすれば、…

ドローン恫喝

恫喝するドローン業者 最近、ドローンについて、ネットで調べていた。ドローンによる空撮を請け負っている業者の以下のサイトに遭遇した。 ゼロ いや、詳しくは書かれている。しかし、読み進めていくにつれ、考えてしまった。以下のリンク先は、その象徴的な…

憧れの巨大構造物

宇宙エレベータ協会 宇宙エレベータ協会なるものを知る。宇宙エレベータの実現に向けて、クライマーコンテストを行っている。気球につなげたロープの上をクライマーと呼ばれるもので登らせて、その技術を競うというものだ。 これだけであれば、ロボットコン…

エコキャップ顛末

少し古い話題だが、日経ビジネス7月27日号にエコキャップ推進協会の理事長のインタビュー記事が掲載されていた。2015年4月頃にマスコミに取り上げられた「世界の子どもにワクチンを届ける目的でペットボトルのキャップを集めているのに、ワクチンとの交換さ…

心を潤すものなど無い

「コラーゲンを摂取すると肌が綺麗になる」と誤読するようなCMを目にする。コラーゲン飲料で「肌が潤う」と読み取れる機能食品なるものが各社からでている。 この状態について、あるセミナーでの講演内容が話題になった。群馬大学の高橋久仁子名誉教授は「何…

緊急援助隊のミッション

「自動車大の岩」次々と村直撃、ネパール地震体験談(AFPBB)から引用。 地震でアスコラーニさんの他、観光客約60人とネパール人20人が、徒歩かヘリコプターでしか到達できない辺境の山あいに孤立した。急な傾斜からの落石が続いていたため、外へ出ることは…