読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知と無能の間に

無知無能者、固人之所不免也

緊急援助隊のミッション

「自動車大の岩」次々と村直撃、ネパール地震体験談(AFPBB)から引用。

 地震でアスコラーニさんの他、観光客約60人とネパール人20人が、徒歩かヘリコプターでしか到達できない辺境の山あいに孤立した。急な傾斜からの落石が続いていたため、外へ出ることはできなかった。最終的に救助されるまで、ヘリコプター3機が行き来するのをただ眺めるしかなかったという。

 地震から3日目、アスコラーニさんたちの元へようやくヘリコプターがやって来たが、パイロットから日本人の救助のためにだけ来たと告げられ、希望は打ち砕かれた。それから数時間後にヘリ2機が到着。今度はイスラエル人のみの救助だという。ハイカーたち皆で抗議した結果、負傷したネパール人2人を優先することになった。

 そこからさらに36時間が経過してもヘリが来る兆しはなく、村の雰囲気も次第に重苦しくなっていった。その後、ようやく米軍のヘリが到着し、数回に分けて全員が救助された。

感想:事件は会議室で起こっている