読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知と無能の間に

無知無能者、固人之所不免也

最終局面

2016年アメリカ大統領選挙

10月7日に、ワシントン・ポスト紙が2005年のNBCの番組収録前の会話を録音した内容のを暴露した。

日本のマスコミの報じるところでは、「女性蔑視の暴言」「スターなら、彼女たちは何でもやらせてくれる」という報じ方だ。ただこれだと「いつものことじゃないか、何をいまさら」という感想にしかならない。ただ今回はまるで破壊力が違う。これは原子爆弾級で、Wikileaksが同じ時期にばらした反ヒラリーのネタ(ウォール街の講演会で自由貿易礼賛したのはマニフェストと矛盾する等)は、線香花火にしか過ぎない。

これは番組司会者とトランプが過去にアシスタントについた女性と今日アシスタントについた女性について発言したものだ。以下のような内容だ。

「じつは迫ったことがあるんだ。あの女。誘惑したんだけどな。失敗したんだ」「ファックしようとしたんだ。あの女は結婚していたけどね」「俺は美人を見ると本能のおもむくままに行動するんだ。すぐキスしてやるのさ。磁石みたいなもんだ。キスだけだけど。スターだと何でもやらせてくれるんだぜ。何をやってもかまわない。そしてマ◯コをつかむんだ。何でもできる」

「メキシコ移民はレイプ魔だ」と叫んでいた男が実はレイプ魔だったいう。まさにブーメラン。苦渋の選択としてトランプ支持を打ち出していた共和党議員も支持撤回を表明した。自分たちも選挙がある、女性票をゼロにする訳にはいかないからだ。

そして10月9日に行われた2回目の討論会には、このテーマについてビル・クリントンホワイトハウスでレイプされたとする4人の女性を招くという作戦できた。最初のテレビ討論会では大統領に色気が出たのかプロレススピーチを控えていたが、ここからはタガが外れたようにやってくるのだろう。

アメリカの大統領選挙は1年も時間をかけるというのは、一見無駄なように見えて、候補者の人間性をあぶり出す上で必要なコストなのかもしれない。東京都知事の過去何代にもわたるグダグダぶりと対比すると、一層強くそのように思えるようになる。

参考