読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知と無能の間に

無知無能者、固人之所不免也

2人はチキンレーサー

朝鮮半島が緊迫してきているので、整理しておく。

これまでの経過

  • 4/7 - 米中首脳会談前日に当たるこの日に、北朝鮮がミサイル発射
  • 4/9 - 米海軍はフィリピン付近で訓練中の空母カールビンソンを朝鮮半島近海に派遣すると発表
  • 4/11 - 日本の海上自衛隊が米艦隊と共同訓練を実施するため護衛艦数隻を合流させることを検討中と公表
  • 4/11 - 日本外務省が韓国へ渡航する人に対して最新の情報に注意するよう促す海外安全情報を発表
  • 4/13 - 北の三代目が「本物の戦争の味を見せてやろう」と談話を出したと伝えられる
  • 4/13 - 米NBCテレビは13日、複数の米情報機関高官の話として、北朝鮮が6回目の核実験の実行を決断したとトランプ米政権が判断した場合、北朝鮮に対して核兵器ではない通常兵器による先制攻撃を行う準備を進めていると明らかに

北朝鮮軍の準備状況

  • 昨年8月、潜水艦からの弾道弾ロケット発射に成功
  • 一連のミサイル発射(陸上固体燃料ロケット)は、研究開発段階から軍の発射訓練の段階に入っている
  • すなわち、当初の設計目標は達成した模様
  • 国防省の2015年のレポートによれば、数百発が韓国および日本をターゲットとしている
  • 一部の中距離ミサイルはグアムをターゲットにしているとも
  • 固体燃料ロケット型のミサイルはトラックで移動可能で、10分で発射準備が整えられる
  • ストックホルム国際平和研究所の分析では、10〜12発の核弾頭を保有し、年間4〜6発の製造能力がある
  • 生物化学兵器の貯蔵はありうる(量、種類に関する情報は見つけられず)

米国・韓国の準備状況

  • 中国の強い反対を押し切って、ミサイル防衛システムTHAADを配備
  • 朝鮮半島に派遣されたカールビンソンから最新鋭戦闘機F-35の離陸をデモンストレーション
  • カールビンソンには、ウサマビンラディンを殺害した特殊部隊SEALSが搭乗しているとも
  • 韓国軍は地下の核関連施設を攻撃するため、バンカーバスター爆弾を配備

予想される米軍の北朝鮮攻撃プラン

いずれかか、または複数プランの実行か?

  • 北朝鮮が中距離ミサイルを発射した場合、ミサイル防衛システムで撃墜する
  • シリアへの攻撃と同じく、巡行ミサイルによるサージカル・アタック(外科手術的攻撃)で、原子力またはミサイルの開発施設をピンポイント攻撃
  • 北の三代目の暗殺のみをターゲットとした特殊部隊による急襲(オバマ政権下で訓練が行われていたと噂される)

北朝鮮側の反撃

  • 北朝鮮が反撃を加えた場合、第二次朝鮮戦争を意味する
  • 一番可能性が高いのは、韓国および日本の在日米軍基地へのミサイル発射と同時にソウルへの侵攻作戦の命令

在韓日本人の避難計画

  • 韓国に滞在中の日本人は約4万人
  • クリントン氏が北朝鮮空爆を計画した際の在韓日本人避難計画では、朝鮮半島陸路を在韓米軍が担当し、海上輸送および日本国内での一時収容は日本政府と自衛隊が担当する予定であった
  • 朝鮮半島内の在韓日本人輸送について韓国軍の担当にしなかったのは、韓国国内の世論の反発を防ぐため
  • 良く練られた計画であるが、今回はそのような計画があるか不明
  • 慰安婦少女像の問題で、大使召喚したことが地味にダメージを負っている

難民対応

  • 実際、北朝鮮が崩壊した場合、防衛省が90年代にシミュレーションした結果によると20万人が日本にくると予想
  • 現時点での信憑性の高い予想データはみつけられなかった
  • 自衛隊の総兵力15万人、全都道府県の警察官定員が25万人
  • 難民の不法上陸をすべて防ぐことは不可能
  • 防衛・外交リスクとして、難民の暴動や騒乱より日本人による難民迫害事件が憂慮されている
  • シリア難民すら50人しか受け入れていない現状で、北朝鮮難民の受け入れ拒否は国際非難をうける
  • 一番の問題は、この問題についてほとんど議論されていないこと

1990年代のクリントン政権空爆プラン

  • 北朝鮮の報復攻撃は必至

  • 開戦90日間で、米軍の死傷者5,2000人、韓国軍は490,000人

  • 戦費は600〜1000億ドル

本当に何かが起きるのか?

  • Northによる衛星写真分析によると、北朝鮮による新たな核実験の準備が進んでいる

  • トランプ氏側の自制を期待すべきではない

  • 自制を求める官僚人事が決まっていない
  • ある意図をもった側近がトランプ氏に耳打ちしたら・・・

  • 北の三代目も自制を期待すべきではない

  • 自制を求める側近は粛清されてしまった

  • トランプ政権は娘夫婦が主要ポストに入り、北の三代目も妹が広報官をしている

  • 両者とも家族経営の国家運営

  • 安倍首相は前のめり

まとめ

※あくまで個人の感想です。 金日成の生誕105周年にあたる、2017年4月15日に合わせて、核実験の準備をしていたようで、アメリカも早い時点からそれを検知していた。

これまでの北朝鮮関係のメンツのなかで、この2人ほどチキンレースが似合う政治家の組み合わせはいなかった。そんなことを言っている場合ではなかった。どっちがチキンレースを降りる可能性が高いかといえば、トランプ氏の方だが。実際に何かが起こる可能性は低いと思うが、それも希望的観測に過ぎないか。

ネットでアメリカの先制攻撃を煽るコメントをみるについけ、人類は罰を受けるべきだとも思うし、これで現代が終わるなら、それでも良いかとも思わなくもないが、やはり戦争は避けるべきだ。私も知人が数名、ソウルで働いている。何も起きないことを祈るのみである。

参考文献