読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知と無能の間に

無知無能者、固人之所不免也

レスラー・トランプ

2016年アメリカ大統領選挙

ドナルド・トランプが正式に共和党の大統領候補に指名された。泡沫候補と目され、共和党内から激しいバッシングを受けながらも、ここまでやってきてしまった・・・というところか。

さて、日本のマスコミのトランプ評は、総じて「実業家」「ホテル王」「毒舌家」「反ウォール街や移民排斥感情をうまく取り込んだ」というようなものだ。要するに超大国から転落しつつあるアメリカで、不遇を囲っている中の下あたりにいる白人男性の受けが良いキャッチフレーズを放言することでここまで勝ち進んできたという分析だ。

町山智浩氏が出演しているラジオを聞いて、なるほどと思った点がある。それは「プロレスラー」として側面だ。そして、日本のマスコミは総じてスルーしている点も注目だ。

ドナルド・トランプは、WWE(World Wrestling Entertainment以前はWWFとよばれていた)アメリカのプロレス団体とつながりがある。WWFは、ハルクホーガンが所属していたということで思い出す人もいるだろう。そして日本人には信じられないことだが、このプロレス団体はニューヨーク証券取引所NASDAQに上場している。このあたりがアメリカの資本主義の業というものか。

さて、トランプはこのWWEのオーナーであったことがある。2007年にWWEのCEO ビンス・マクマホンとリングの上で戦って勝利したからだ。タイトルマッチの名前は「バトル・オブ・ザ・ビリオネアーズ」。訳すると「億万長者の決戦」か。その時の動画がYoutubeに上がっている。

会場に100ドル札を降らせ、トランプもマクマホンも髪型があやしい(要するにカツラ疑惑)ので、負けた方がバリカンで坊主になるというものであった(結果はWikipediaに記事があるので、気になるひとはそちらを参考に)。プロレスなので、いわゆる「お約束」といったものだ。実際、トランプのWWEオーナーの権利はすぐにビンス・マクマホンにもどっている。どこまでネタでどこまで本当なのか、何を信じて良いものやらわからなくなるが。

さて重要なのは、町山氏も指摘しているように、トランプが「どうすれば大衆受けするか?」という命題に対して、このWWEでの体験が大きな影響を与えたというところだろう。プロレスの観客は、中の下、有り体にいえばウダツの上がらない落ち目の白人男性である。共和党の党員集会も同様だ。要するにトランプはプロレスで学んだリングトークで、悪役レスラーをなじるのと同じ方法で共和党の主流派候補を攻撃し、罵倒し、大統領候補の座を手にいれたということだ。

さて、一方の民主党ヒラリー・クリントンに大統領候補が決まった。こちらも嫌われ者だが、トランプよりマシということで、本命だろう。トランプに勝機があるとすれば、テレビ討論会でプロレスラーの煽り絶叫で挑発し、クリントンから「感情的な態度」を引き出したときだろう。そのとき「あんなヒステリーに軍の最高司令官は務まらない」「核兵器のボタンを任せられるのか?」と畳み掛けることができたら・・・トランプ大統領がありえるかもしれない。